読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

4ヶ月の おもてなし

どうも。けに坊です!
随分と久しぶりの更新になってしまいましたが...

空白のこの4ヶ月。一体どこで何をしていたのか。

今回はその経緯から4ヶ月の中身、次のアクションまでを一つの記事にしようかなと思って久しぶりにキーボードを叩いております。

 

そもそものきっかけは…

 

f:id:kenibou:20170206130814j:plain


何をするにもお金がいる!!

 


新卒で入った会社を辞めてしまった自分に残っているのはエネルギッシュな身体と 海外で働きたい という漠然とした熱い想いだけ。

でも気持ちだけじゃ何もできないのは周知の事実…。

 

というわけで!


まずはある程度、自由に動くためのお金を稼ごう!
それがスタートでした。



 

 

f:id:kenibou:20170206134134j:plain

ただそれだけじゃもったいない!!


もちろん稼げるお金の大きさも大事だけど、蓋を開けた中身の充実度も大切。

そこで辿り着いたのがやっぱり旅行業界でした。

  • 自分が好きなこと。
  • 人生をかけて携わりたいもの。
  • 今後に活かせるヒントがあるはず。

そんな思いが交錯して働くフィールド選びに着手しました。

 

 

f:id:kenibou:20170206134607j:plain

 

そしてもう一つ。

 

日本と海外の繋がりを感じることができる職場で働きたい。
英語やドイツ語を活かせる職場で働きたい。

これも就活から変わらない自分の思いで、英語に関しては次に繋げるような活きた経験をしたい。

そんな想いを抱きながら情報をかき集め、各方面にアクションを起こした結果…

いろんな縁とタイミングが重なって、とある高級ホテルで派遣社員として働くことになりました!

 

と、ここまでつらつらと書いてきましたが、これがちょうど5ヶ月前のお話。

もちろんホテルの名前は伏せるんだけど。
週末に泊まるとしたら1人1泊5万円ほど。

立地は海に面した

  • 景色◎
  • 料理◎
  • サービス◎

でもって付いている☆もたくさん。
テレビや雑誌にも取り上げられるような素敵なホテルです。

その上、近くにある観光地の影響で外国人の方もよくいらっしゃるので英語を使う機会もある。
幸いなことに、まさに自分が求めていた環境とマッチング!


そんな環境にて、4ヶ月間のおもてなしがスタートしました!

 

 

 

 

 

改めてこの4ヶ月間を振り返ってみて。

(さて、何から書こう…)

と思った時にまず浮かんで来たのが個性的で尊敬する同僚との出会いになりそうです。

 

f:id:kenibou:20170206134623j:plain

 

これはキッチンで働く未来有望の後輩。

  • 同じ屋根の下、一緒に過ごしたのは北は北海道から南は沖縄までの個性的な寮友。
  • コロンボ、上海出身の日本で輝く素敵な同僚。
  • ワインソムリエの師匠たち。
  • 語学堪能、世界のホテル業界を渡ってきた支配人。

そして毎日担当する日本各地、世界各国からのお客様。
本当に毎日が素敵な出会いと別れ、刺激的な毎日でした。

ただ海外からのお客様へのサービスに関しては一工夫も二工夫も必要で、まだまだ自身の語学力の無さも痛感。
伝えたい気持ちがあるのに伝えれない、伝わらない。
もどかしい気持ちと悔しさ、でも今後の期待感も僅かに感じたり。

 

そんな接客の楽しさを感じた、台湾からのお客様を担当した時のお話をここで一つ。

勤務最終月の1月。
中国の旧正月の影響もあって中国、台湾のお客様が多かったこの月。
とある台湾からいらっしゃった家族を3日間担当することになりました。

本当に素敵な家族で、自分に対してもフレンドリーに、覚えたての日本語を交えながらフランクに色々な話をしてくれたこともあって、もう少し近い距離でサービスしてもいいかな。と思った自分は... 

会話の中で興味がありそうだった周辺の観光情報を英語でまとめたものをパンフレットとして渡したり。
ベジタリアンのお父さんのためのメニューの食材、料理の説明を英語で1品ずつ食材の特徴と日本でどう料理されてるか、なんて豆知識も説明してみたり。
娘さんと冗談なんかを言い合って家族と笑いあったり。

フレンドリーに、でも適切な距離を保ちながら3日間一緒に過ごしました。

 

そんな最終日の別れ際。
文法、単語はめちゃくちゃかもしれないけど、↓このまま伝えました。

 

『Actually, it's my last work. I'm very happy to serve good, nice familly at my last night. Thank you so much.』

 

 すると『この旅行が素敵なものになったのは貴方のおかげ。日本に来てよかった。ありがとう。』
そんな言葉とともに大きい額のチップまで頂いてしまいました。

 

半年前、日本から海外にお客様を送っていた立場から、海外から日本に来たお客様にサービスをする立場になることに、不安を抱いていた4ヶ月前。

そんなことも思い出して自分の成長と4ヶ月の達成感。
何より自分のサービスが認めてもらえたことの嬉しさ。

と同時に日本をもっと海外の人にも知ってもらいたい。
そんな気持ちもふつふつと湧いて来ました。

 

まだまだ色んな切り口で色んな記事を書きたいんだけど、今回の記事はこの辺りで。

 

 

 

 

さてさて、次なる目的地は...

 

f:id:kenibou:20170206152633j:plain

フィリピンのセブ島!!

実は出発も今月の11日と、実はもう目の前。
今回の渡航目的と観光情報なんかも次の記事で更新予定です。

着々と前進中!