読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

岐阜のおすすめ森林浴スポット! 付知峡でイワナが食べたい!!

f:id:kenibou:20160705174609j:plain

 

けに坊です!

過去にも幾つか旅レポは書いていますが、ブログリニューアル後は初更新です!

 

都会の喧騒に疲れた!

たまには自然に囲まれたい!

初夏を涼しい所で過ごしたい!

まだ食べたことがないイワナを食べたい!

 

そんな気持ちが交錯し、早速向かいました!

記念すべき日本での最初のスポットは...

 

岐阜県の付知峡!

 

 

今回なんでこのを使っているかは↓に掲載する写真を見れば納得するはず!

 

東海の人なら付知峡を知ってる人は多いんじゃないかな!

そんな自分は名前を聞いただけではどこの県かも分からなかったし、この漢字『付知峡』を見ても(ふ..ちきょう?)と正しく読むことすらできませんでした。笑

正確にはつけちきょう。

 

場所は中央自動車中津川ICから下呂の方向へ車で30分弱。

山の方向へ進めば進むほど気温も下がって、気持ちのいいドライブも楽しめました!

 

到着早々、お腹が空いたのでランチへ。

今回向かったのは付知峡にある 岩魚の里 峡/はざま 

道にある看板を辿り、更に山の奥に向かう事、車で10分。

駐車場に到着はしたけれどお店の姿が全く見えてこない!

 

車から降りてまたまた看板に従い、今度は山を降りていくと...

 

 

f:id:kenibou:20160705234613j:plain

ここにあったんだ!

と驚いたのと同時に吊り橋に少し恐怖しました。笑

これを渡らないとお店に辿り着けない使命感。

普段味わう事のできない非日常感と冒険感。

 

それにプラス、吊り橋の下方にはこんな綺麗なオリンピアグリーンの滝壺が広がっています。綺麗だった。

 

 f:id:kenibou:20160705234611j:plain

 

吊り橋という非日常感と見た事のない綺麗な緑色の滝壺。

 空腹感が一瞬だけどこかに飛んで行きました。笑

 

ちなみにお店の側にある階段から滝壺のある川の側に降りることができます。

目の前にすると一層迫力が増すので近くまで行く事をオススメします!

 

 

f:id:kenibou:20160705234610j:plain

 

さてさて 自分が注文したのは『岩魚塩焼定食』

毎年恒例のように鮎は食べていますが、岩魚は今回が初めて。味は淡白で鮎よりかは少しボリューミーに感じました。

やっぱり川魚の塩焼きは美味しい!

味ももちろんのこと、食べるのがもったいないくらいお皿の上が綺麗に盛り付けられていてびっくり!

 

 

f:id:kenibou:20160705234612j:plain

最後は吊り橋の上から見た付知峡。

滝が天然のクーラーのように涼しくて、ずっと川岸の石に座って川を眺めていました。

岐阜には他にも森林浴スポットがたくさんあるけど、色んな緑を楽しめる、ここ付知峡で是非とものんびりしてみて下さいな!

ただそのためには吊り橋を渡らないといけないけどね笑

高所恐怖症の人はご注意を!笑

 

外国の友達が来た時に連れて行ってあげたい、そんな日本の良さを感じる場所でもありました!

ではまた次回の旅レポで!

 

Tschüss!