けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

肉と魚のお話

DSC_1190.jpg

さてさて、最初はお肉の話から。

これは夏休みに足を運んだNürnberg(ニュルンベルク)で食べた、ボリューミーなお肉サンド。
野菜はどこにも見当たらない、肉 と パン だけのサンドです。笑


で、この写真は去年の夏にFacebookにアップロードしたものなんだけど...

なぜか、今更になってドイツ人の友人からコメントが来たり、ドイツでお世話になった先生からもコメントが...笑
きっかけはDavidからのコメントなんだけど、なんで今更なんだ。と頭の中は疑問でいっぱいですw

最近はDavidだけじゃなくてDanielともメールでやり取りはしてるんだけど、その中で一つ謎のイベントが立ち上がりましたが、この詳細はまた次の機会のネタとして熟成させておきます。

これを機に全然アップロードしてない留学中の写真をFacebookにあげようと思ったんだけど、如何せん写真の数が多過ぎて行動に移せないorz

気が向いたら動き出すことにするお。




DSC_0018.jpg

ということで、次は魚のお話です。


今年は『50冊の本を読破する。』という小さい目標を立てて色んなジャンルの本に手を出しています。

4月7日から始めて、読み終わった本は4冊。

TOEICの勉強法を徹底的に追求した杉村太郎さんの本に始まり、MJアドラーの『how to read a book』、判断力、推理力を養う心理学の本。

そして今日一日で読み切ってしまったのが伊坂幸太郎さんの『フィッシュストーリー』

渡独前に読んだ『ゴールデンスランバー』にハマってしまったこともあって、『帰国したら伊坂さんの本は全部読破してやろう。』と前々から意気込んでいた訳です。
伊坂さんの独特な言い回し、散りばめられた伏線が一気に回収されて一つの物語になる構成がたまらなく好きなんです。

何気ない自分の行動が誰かの世界を大きく変えてしまうこと。誰かの小さい行動が大きい何かに変わってしまう可能性、その面白さを感じることのできた素敵な本、素敵な一日でした。


Tschüs!