けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

メルヘンな右足

DSC_0314_Fotor.jpg

学生街 Marburg(マールブルク

木組みの家に囲まれた街並は筆舌に尽くし難い美しさ。
しかし坂ばっかりで足には大きな負担になるのでご注意を。(健一談)


ローテンブルクからもうすぐ1週間。ブレーメンを出ることなくずーっと大学に通い詰めてる理由は実は右足にあったりします。

実はメルヘン街道の2日目から右足が悲鳴を上げ始めたことが大きな理由の1つ。
筋肉的なそういう痛みではなくて、重度の靴擦れなんだけどもw

後々更新する予定だけど、2日目に観光をした学生街Marburg(マールブルク)、2時間山の中を彷徨い続けたKassel(カッセル)この2つの都市の観光は重い荷物を肩に背負いながら、ひたすら歩き続けていたのでこんなことになってしまったんだろうと自己分析。
しかもただ歩き続けたんじゃなくて、ひたすら”登っていた”から余計に…って感じかな。笑

歩くだけで激痛が走るようなそんな状態だったけれども、今はもうだいぶ良くなってきた(^o^)


そんな右足にダメージを負っていたので、ここ1週間は安静にして大学に通い詰めていた、とそういう訳です。
足の回復が次の旅行のスタートなので早く治さないと!