読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

世間は狭いのである。

彼の名前は Keita。

ドイツ人には カイタと呼ばれるのが留学初期からの悩みであり、俺の ケニチ に通じるものがありちょっとだけ盛り上がることも度々。

留学生の中で最年少であり、彼が使う日本語はずっと敬語である。
帰国してからも敬語を話し続けるのではないか。と留学初期から心配をしていることは当人も知っているが心配はいらないとのこと。

なお、最年少ながら愛大からの留学生の中で一番のしっかり者であり、彼の観察眼は有吉のそれを凌ぐとも噂されるが真偽のほどは定かでは無い。

俺との関係性について少々。
留学生の中でも最も家が近く、なぜか大きな通りを挟んでご近所さんという奇跡の立地条件に恵まれる。
その影響もあり、授業後にはよく買い物に出かけ、2,3番トラムを利用する買い物大好きグループ、買い物隊の初期メンバーでもある。


Keita『お疲れ様です!』
Kenichi『Biss dann!』

Benningen Strで降りる時に交わす挨拶がいつも噛み合わないことはお互い理解しているが、4ヶ月経った今、それも面白く感じている自分もいる。

なぜか豊橋のキャンパスの方が家が近いらしく、帰国後に遊びに来る模様。

なお彼の変顔は俺のツボである。



そして今日発覚したことだが、彼の入ってるサークルに俺の妹も属しているとのこと。

世間は狭いのである。