読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

Blitzen

FF13FF13-2は駄作だ。という書き込みをインターネット上で度々見かけるんだけれど、俺はそうは思わない!

サイレス水郷、閃光、アルカキルティ大平原、ライトニングのテーマ… ゲーム内で流れる音楽はどれも印象に残る素晴らしいBGMだし、バトルシーン、ムービーの映像は言わずもがな!

よく言われている、シナリオの一本道 っていうのは否定出来ないし、他のFFシリーズに比べると自由度が低いっていうのも頷けるんだけど、だからこそ、アルカキルティ大平原に降り立った時の解放感が一層引き立つんだよね。

それまでの一本道シナリオはむしろアルカキルティ大平原のためにあるんじゃないかと思うw

ただFF13の一番の魅力は間違いなく主人公のライトニングさんでしょう。
ジタン、ザックス、バッツ、俺が好きな主人公は他にもたくさんいるんだけど、ライトニングさんは、歴代FF主人公の中で唯一の女性キャラクターだし、(?の主人公はティナじゃなくてロックだと思っております。) 、あのビジュアルとキャラクターはFF主人公の中でも一番好きです。

特にバク宙しながら銃を撃ち抜く姿は美しい。

と、受験生だった頃、毎日FFのBGMを聴きながら刈谷のハイウェイオアシスで勉強をしていたことを思い出しながら書いたのでこんなFF日記になってしまいました。