けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

Essen

Hannoverの美味しいチキンバーガー




最近はとにかくお金が無くて困っている石川さんです。
ただ学生食堂で使えるメンザカードの中には50ユーロほど入っているので、学校での食事には全く問題はありません(-ω-)

特に無駄遣いをしている訳でもないし、毎日毎日、しっかりと家計簿も付けてるから、金銭感覚がおかしくなってる、という訳では無いんだよね。

一番の出費は間違い無く 食料品 ですorz

日本の自炊経験をそのまま活かせるなら、カレーの大量作り置きで3日間は余裕で持つし、じゃがいも、にんじん、玉ねぎと、野菜もたっぷり入れるから、栄養面でも何の問題もない!
カレーだけじゃなくて、お刺身買って、ゆずポンで食べたり、親子丼、肉じゃが、味の保証は出来ないけれど、一応1年間の下宿のおかげで色々と作れるようにはなってるんだけど、やっぱりお米が無いと作る気にならないんだよねw


結局、自炊生活というか、日本での食事っていうのは、お米を中心に回っていたんだと改めて感じましたorz
こっちに来てからは、ちゃんとした日本米を食べたことなんて一度も無いんだよねw

最初こそ、(しょうがないかな!) で済ませてたんだけど、2ヶ月間お米を一切口にしていないと、丼系がとてつもなく食べたくなる。

日本に帰ったら、すぐに豊橋KONAMIの近くにあるすき家に行こうと思ってる。(若干の思い出補正)


こっちでのメインは、やっぱりパスタかな!コスパはもちろんのこと、味もお墨付き、というかほとんど失敗なんてしないかなw

エビとサーモンを添えたペスカトーレから、生ハム、ケーゼを添えたオリジナルパスタまでバリエーションも日々増えております。
今一番作りたいのは、かつお節と海苔、梅干しを添えてゆずポンをかけちゃう和風パスタ。

食べたい。


ドイツの料理って基本的に色味が無いんだよね。
正直日本の料理の方が美味しいし、改めて日本食の素晴らしさをここドイツで噛み締めていたりします。笑


限界が来たら、またハンブルクのDarumaに行って2500円の焼肉丼を食べようかなw
さすがに値が張るので、文字通り、限界まで耐えようと思いますw


そんなドイツの食事事情でした。


Ich möchte Japanische Essen essen...!!