けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

Hamburg

今日はBremenからME(この黄色の電車)に乗って、ドイツで2番目に大きい都市、Hamburgに行って来ました(^o^)

写真に載ってる高身長のイケメンは、愛大の2年国コミのKeita君。

ドイツは ei を アイ って読むから、ドイツ人には必ず、カイタ って呼ばれてます笑

俺と敬太と有紀の3人は、『スーパー同好会』を組んでで、Lidl,Aldi,Kauftland,Aktive,Netto,Pennyなどなど。
ドイツのあらゆるスーパーを探索して、如何に安く買い物を済ませて、如何に効率良くご飯を作るのか。
異国の地ドイツで生きる術を日々探求しながら、活動(買い物)をしていますw

ただ敬太も有紀も1セメスターしかこっちにはいないから、残念ながら8月でお別れになってましまうわけです。
スーパー同好会の看板は俺が背負っていかなきゃいけないんだけど、荷が重すぎるので、後期は外食が多くなる予感がします。

と、keitaとスーパー同好会の説明を挟みつつ、ハンブルクのお話に入ろうと思う。


敬太と有紀、裕子と圭輔と俺。この5人でハンブルクに行く予定だったんだけど、当日に圭輔が風邪でダウンorz
圭輔の意思を引き継ぎながら、4人でハンブルクに行って来ました(^o^)


『Rathaus』市庁舎

Frankfurt,Düsseldorf,Dortmunt,Körn...
ICEに乗った時に、立ち寄ったことのある都市は他にもたくさんあるんだけど、ドイツ国内で時間をかけて観光した都市はBremen,Hamburgの2都市。

ドイツの都市のイメージを"無理やり"独断と偏見で日本の県で当てはめてみると...

Bremenは都市としての機能性がほとんど無い京都w
Hamburgは巨大横浜。

Bremenは観光地もたくさんあるし、街並自体がメルヘン!
ただ、大きい都市としての機能はあんまり発達していないし、Hamburgと比べてみると田舎だと思うw
ドイツ人も憧れるような都で、日本人が京都の街並みに抱く気持ちい通じるものはあるんじゃないかな、と独断と偏見で判断してみました(^o^)



『Speicherstadt』倉庫街

水の都ハンブルク、架かっている橋の数はベネチアよりも多く、ヨーロッパ1なんだとか!

そんな運河と組み合わさって、独特な雰囲気を持っていたのがこの倉庫街!
映画のセットのような景観がずーっと広がっていました!

途中ほかの国の観光客の方に写真を撮ってもらったり、撮ってあげたり。
小さな国際交流をしたのもこのSpeicherstadtです(`-ω-)


『Daruma』

1か月半ぶりの日本食(涙
日本人の方がやってる日本食のお店です!

実はこのラーメン、メニューには無いんだけど店長さんに特別に4人分作って頂きましたorz感謝

『この辺ラーメン屋なんて無いから、割高だぞーw』とおっしゃってましたw

Hamburgに在住の日本人の方が集まるお店みたいで、今回4人で行った時にも数人のスーツを着た日本人のお客さんがいらっしゃったので久しぶりに安心したw

Bremenに在住している日本人は、雅の店員さんと、AWSの松井先生、そして留学生。
人口50万人のうち、日本人はほんの数十人しかいないみたいですw


ラーメン食べた時は泣きそうになりました。ホロリ



実は他にも色んな所に行ったんだけど、また別の機会に書こうと思いますw

というわけで、2日後に今度は一人でHamburgに行こうと思ってますw
買いそびれちゃったものがあるし、アルスター湖を相棒と冒険してこようかな、と思っていたりします。

ゼメチケのおかげで交通費はかからないので、活用してあげたいと思います(^o^)