読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

Vermieter

半分ホームステイ生活。
別の国の留学生とシェア。
日本人同士で一緒にシェア。
学生寮で完全な一人暮らし。

日本からの留学生、みんなそれぞれ色んな生活スタイルがあります(^o^)


俺は半分一人暮らし、半分ホームステイスタイル!


今まで詳しく書いたことはないから今日はちょっと説明しようかな(`-ω-)b

今俺は、ウェーザー川の側にある、Wolfgangさん(家主さん)の家の中で、夫妻と一緒に生活をしています(^o^)

そもそも家自体が、屋根裏部屋を含めると、多分4階建構造になっていると思う!
思うっていう曖昧な理由は、3階以上上に行ったことが無いからw


一緒に生活っていうと、またニュアンスが違うんだけど...

要するに、自分の部屋、キッチン、トイレ、バスがある地下一階を貸してもらってる状態です!

生活に溶け込む形のホームステイでは無いから、食事な完全に別だし、生活自体が密接に関わってる、っていう感じでは無いかな!

一応、名目上では一人暮らしだからねw


ただ俺の場合、名目上では一人暮らしなんだけれど、半分はホームステイみたいな感じなんだよね(^o^)


例えば、毎週日曜日に開かれる『Wolfgang家パーティー』(勝手に名前を付けたw)が終わってからは、ほぼ毎週、余ったケーキをプレゼントしてくれる! しかもこのケーキがめちゃくちゃ美味しい(*´∀`*)


他にも、ゴミを一緒に出してくれたり、時々掃除もしてくれたり、ついこの前も、家賃の支払い方法を銀行振り込みじゃなくて、手渡しにしたい。っていうのを相談しに行った時も、ビールを一緒に飲みながら、色々話したりetc



ただ、皆の話を聞いてる限りだと、ドイツの家主さんは、一般的なホームステイの家主さんと違って、ビジネスでやってる人が多いと思う。

挨拶しても返してくれないだとか、最低限のコミュニケーションしか取らないとか、そういう話をよく聞くんだよね。



でも今日も、家賃を払おうと思って2人の所に行って色々と話したんだけど…

『学校どう?笑』とか、『授業なにやってるの?』とか、色々と興味持って話し掛けてくれるし…

けに 『Unterricht ist sehr schwer!!(授業難しいよー笑)』って言うと『分からないこと、困ったことがあったらいつでも聞けよー!』って背中バシバシ叩いて励ましてくれます笑




そういう意味でも、俺は本当に恵まれてる環境で生活が送れてると思う!

今の環境に関しては、何一つ不満、不安はありません!

毎日毎日、本当に感謝ですorz



語彙力増やして、自分の気持ちをもっと伝えられるように頑張りたいです(^o^)!