けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

高知は添えるだけ

徳島の旅が終わり、高知に向けて車を走らせる御一行。


高知市に到着してからはひたすら飲食店、宿の探索ww

1時間くらい探しに探してやっとジョイフル入店w
そこで海斗がホテルにアポ取ってくれて、無事宿の確保も完了!

1日目は高知市のとあるホテルに泊まりました*\(^o^)/*

というわけで、四国旅行2日目は…

高林プレゼンツ『高知移動の旅』(?)
海斗プレゼンツ『愛媛歴史の旅』

の2本立でお送りします(^o^)


まず朝起きて向かったのが、愛媛との県境にある四国カルスト!

photo:01

ちなみにこれは想像図w


この四国カルストに向かう高知の山道を車で走らせている時に、今回の旅行の中でも最大のピンチ、命の危機(?)が突然訪れました。

凍結した道路にタイヤがハマって抜けられなくなってしまった訳です。

山に鳴り響く『キュルキュルキュルキュルーーー!!!』の摩擦音。
タイヤの周辺から立ち込めるゴムの焼ける異臭。
先に進めない絶望感と、どうやっても脱出できない状況に泣きそうになる俺。


そして、道路に降りてその光景を大爆笑しながら見てる海斗と侑輝wwwww



当時の海斗君のTweetがこちら。

photo:07

わろたwww


で、雪玉をぶつけられて頭が冴えた俺は、ブレーキを上手いこと使ってバックで道路から脱出w
そのまま勢いをつけて一気に凍結道路を突破!!!

photo:02

どやあ。


と思ってまた車を走らせるんだけど、数十秒後にさっきの凍結道路とは比べものにならないくらいの凍結道路が眼前に広がってましたw

ここで敢え無く『四国カルスト』を断念。

断念と同時に、高知県の旅が文字通り“移動の旅”になってしまいましたww



カルストを越えて行くのが愛媛県への最短ルートだったんだけど、山の道路=凍結になってることを予想して、迂回して西側から愛媛を目指すことに。

ここからまた2時間以上のドライブですw

旅にはハプニングは付き物。
スタッドレスタイヤ、チェーンの重要性、凍結道路の怖さを知ることができたし、こういうのもなかなか面白かったので良しですw



photo:03

そんなこんなで愛媛県松山城に到着!!

とんでもなく可愛いロープウェイのお姉さんに目を奪われて、松山城に着くまでずーっと悶々としていたのは秘密です。


松山城とは?

松山市の中心部である標高132mの城山山頂に本丸があり、裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(堀之内)がある、広大な平山城

何より驚いたのは、天守からみた松山の景色。これは本当に絶景だった。
写真は上手に撮れませんでした(ペロッ

何百年前にもここに人がいて、同じように眼下の町を見ていたって考えると、歴史って面白いなー。って一人でお城を散策しながら物思いにふけってました。


photo:04

ごめんなさいw




photo:05


photo:06

松山城に行ってからは、道後温泉に行ってきました(^o^)

道後温泉は、3000年もの歴史があるそうです。
史実上の記録に登場する温泉として見ても、日本最古級の歴史を持つんだと。

一説によると、千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになったとも...。

歴史を感じる温泉でしたね。はい。





愛媛の旅も終わって一行は最終目的地、香川県に...

道後温泉から泊まる予定だった香川県のとら丸旅館までには距離があって...
到着時刻がチェックイン時刻を1時間も過ぎてしまった10時に到着。

でも、とら丸の店主さんは最寄りの駅まで迎えに来てくれました(感謝

店主さん、女将さん、従業員のおばちゃん。
チェックイン時刻を1時間も過ぎたのに、色々なサービスをしてくださったとら丸旅館の人たち。

本当に感謝です。orz


というわけで最終日、香川県に続きます!



iPhoneからの投稿