けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

結婚相手

妹の作ったチーズケーキを夜食に拝借しようと思い、台所までスネーク。

階段の物音は0、日頃の鍛錬の賜物か。

台所の電気を付ける、異常はない。

冷蔵庫の扉をそっと開ける、閉め忘れの注意をそっと頭に刻み込む。

目の前に広がるチーズケーキと隣に寝転ぶ2ℓコーラを発見。


だがしかし、部屋の異様な気配を察知、一旦手を止める。


静かにチーズケーキとコーラを取り出し、斜め左方向の棚から皿を一枚抜き取る。

(なんだこの空気は…) 台所に張り詰める刺さるような緊張感。


刹那!右後方で物音が!


とっさに身を屈め臨戦体制を整える。
だが眼鏡を装備していない0.2の視力の前では何もかも無力。

非力な自分の視力を呪いながら、フォークを取り出しそっと部屋を後にしようとする。

だが吸い寄せられるように斜め右後ろの黒点に焦点が定まる。

そして対峙する俺とG…








今日この経験の後、辿り着いた一つの結論。


Gと戦える人と結婚しよう。涙


iPhoneからの投稿