読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けに坊の旅ノート

始まりは2007年当時15歳。ドイツに渡って旅行会社に就職。アジアで英語をマスターした後、世界各地を飛び回り、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート

【破壊せよ】英語コンプレックス! セブ島留学 費用とメリットと反省をつらつらと

けに坊ノート 海外旅行:フィリピン 日記 旅ブログ

f:id:kenibou:20170313171926j:plain


本日 1ヶ月のフィリピン セブ島留学から日本に帰って来ました!

今回のフィリピン渡航で海外は7カ国目!
ただ今回は旅行より勉強の比重が大きいそんな旅でした。

出発時に雪が散らついていたセントレアから真夏のセブ島への移動ということもあって、最初の1週間で身体に異常が起きたり…
その身体の異常と併発して、なぜか毎日お腹が暴れていたり…

 始まりを思い返すと万全のスタートではなかったけれども、トータルで見てみると本当に行ってよかった。そんな思いでいっぱいの帰路です。

今はセブからマニラに乗り換え、マニラからセントレアに向かう機内の中で色んな思い出を整理しながら、今後のことも考えながら、乱気流の中、頭も機内もグラグラ揺れております。

 

今回の目次さん

 

 

 

 


【1】セブ島留学を決めた1つ目の理由

f:id:kenibou:20170313173410j:plain

 (向こうではKennyでした。本名はとある事情で正しく呼ばれないため笑)

理由は大きく分けて3つ

1つ目は留学費用に魅力を感じたから。

最近英語留学の選択肢として人気になってるセブ島留学だけど、やっぱり人気の理由は他の国に留学する費用と比較した時に気付くんじゃないかな、と。

実際自分もそうだったんだけど、やっぱり他の国の費用と比べると圧倒的に安い

ちなみに自分の場合

・生活費(1日3食、居住費込)
・1日6コマ(50分)のマンツーマンの英語レッスン
・4人部屋
・日本資本、日本人スタッフがいる学校

この条件で1ヶ月の費用は 15万7000円

これにプラスで格安で手配できた往復の航空券と、現地の学生ビザの申請費用、デポジットを含めて20万からちょっと足が出るくらいでした。

1ヶ月ちょうど終わった時にこの費用と実際の1ヶ月を照らし合わせてみても満足のいく金額。むしろ安過ぎる。そんな印象です。



【2】セブ島留学を決めた2つ目の理由

ずばり2つ目の理由は授業の形式です。

自分が組んだカリキュラムは先生と自分のマンツーマン50分×6コマ。
このマンツーマンの授業に大きな魅力を感じました。

50分間の授業っていう環境の中で、休むことなく英語を話し続けるのはもちろん大変なんだけど、その分充実した時間を過ごすことができました。

これはセブでも先生に話したんだけど、ドイツ留学中に1年間担当してくれたUte先生のとある言葉


『日本人はグラマーのテストは必ず上位になるけど、会話になると一番下だね。どんな教育受けてきたの?』

確かに大学でやってたドイツ語のクラスはほとんどが日本語でドイツ語、特に文法、リーディングを学ぶ講義。
会話に関しては週1のネイティヴの先生の授業だけで、それも1年生だけ。

これを英語で振り返ってみても、センターやら大学の受験で必要なのは単語、語彙、文法、リスニングにリーディング、そしてライティング。

10数年英語の勉強はしてるのに、会話の授業はほとんど受けてきていない

だからホテルで働いてる時も伝えたい簡単な英語ですら全く出てこない。
これが今の自分の英語の対話力か、と察するに時間はかからなかった訳です。

  • 英語を話す機会を設ける
  • 英語を一から学び直す

その希望を満たしてくれるのがこのマンツーマンの授業だったのです。

 

【3】セブ島留学を決めた3つ目の理由

f:id:kenibou:20170313175251j:plain

ずばり、英語の苦手意識を排除する! 

自分の中で英語は=恐怖の対象

学生時代から英語に関しては苦手意識が付いて回ってて、勉強しても全く全体像を捉えることができなかった苦手科目。

だから勉強してもただの暗記になってたし、力になってる感じが全くしなかった。

それは単に英語の学習方法が根本的に間違ってただけじゃなくて、英語との向き合い方も根本的に間違ってたと今は思う。
色んなことを理由にして高校受験でも大学在学中もひたすら英語から逃げてきた。

極め付けはドイツ留学中。ドイツ語でコミニュケーションが上手くいかないときはドイツ人はもちろん先生も他国の留学生も当たり前のように英語第二言語として便利なツールとして使う。

でも自分は周りが当たり前のように使いこなせるその便利な言葉ですら理解できない、使えない。

ドイツに来たのになんでまた英語で悩まなきゃいけないんだろう。って怒りにも似た気持ちを留学初期は抱いたんだけど、結局それも英語ができないことを理由にして目を背けてただけ。ってある時今までのことが全部繋がったように悟った訳です。

英語の重要性と可能性はドイツで1年間過ごして来たからこそ、身を以て学ぶことができた自分の財産で今のモチベーションになってる訳ですが。

 

さて、では実際の授業はどうだったのか。

 

【4】マンツーマンの授業

f:id:kenibou:20170313192603j:plain

『この1ヶ月間何に重点置いて勉強したい?』

初回の授業、自分と先生の自己紹介をしてから、どの先生もまずそう聞いてきてくれました。

自分の学びたいこと、自分の英語のレベルに応じて先生も柔軟に対応してくれるし、自分の伸ばしたい英語スキルを重点的に伸ばすことができるのがこのマンツーマン授業のメリット。

マンツーマンの授業は自分と先生とで一緒に作っていく、そんなスタイルです。

ただ6コマ全部スピーキングもバランスが悪いから、先生の得意分野に合わせて1週間のカリキュラムを一緒に組んでみたり、今日の授業は『It's up to you!』なんて言ってみたり。
もちろん自分が先生と合わないと思った時は先生のチェンジもできるんだけど、自分の場合はどの先生も個性的でどの授業に行くのも楽しみでした。

そんな先生たちとは帰国した今でもFacebookInstagramで繋がってるし、長文のメッセージを送ってくれたり、素敵な友人の一人です!

まだこの1ヶ月の成果は目に見えるスコアという形で示すことはできないけど、リスニングとスピーキングは1ヶ月前のそれとは違うはず。

最初の1週間はわからない単語が多かったり、耳が英語に全く慣れてないこともあって、電子辞書が常に横にないと会話ができなかったんだけれど...

一番仲が良かったMarkの最後の授業。
お互いの今後のこと、どんな人生にしていきたいか。そんなテーマで50分間1回も会話が途切れることなく、もちろん辞書も使わずにずーっと話してました。
その時のMarkの「もう辞書はいらないね!」の言葉で初めて成長を感じました。

でもまだまだ最初の1歩。

 

 

【5】ちょぴり反省点なんかもあったり

f:id:kenibou:20170313193837j:plain 


結論:セブ島は娯楽、魅力がとんでもなく多かった!

出発前は月曜日から金曜日はがっつり授業で勉強。土日も自習室と近くのカフェで勉強して英語漬けにしてやろう!

そんな風に意気込んでいました。

でも実際は....。

来月引き落としされる海外キャッシングの使用明細を見て、ちょっと、あれ?ってなっているのがこの答えです。笑

4万円で1ヶ月過ごす予定でいたんだけど、どうやら倍以上の出費になっていたようで。


家計簿を付けているおかげでお金がどの方向に飛んで行ったのかは全部把握できるんだけど、予想以上に出費が大きかったのが交通費食費、そして交際費(?)

交通費に関しては治安の面を考えてほとんどタクシー。慣れてきた頃からバイクにジプニー。値段は初乗りで40ペソ(100円くらい)で値段自体は安いんだけど、問題はその頻度。
買い物にしろどこかに行くにしろ、遠出と一人行動が好きなせいもあって、かなりの頻度でタクシーを使っていました。

食費も1日3食、カフェテリアで食べることができたんだけど、2週間を過ぎた頃から外食にハマってしまったのが落とし穴。
新しいお店をルームメイトのTakuさんと開拓してお店の人と覚えたての英語と表現で会話を試みてみたり...。
それが予想外の出費に繋がった原因!

交際費に関しては後述。笑

 

【6】学校選びがポイント

もう一つ反省点を挙げるとすると、学校選びタイミング

2月〜3月の留学ということで大学生の春休みと丸被り。
結果、日本の大学生だらけのアカデミー。
これは想定の範囲外の出来事でした。

セブでも一番リーズナブルな語学学校、日本資本の学校。そんな条件下だったからある程度の予想はしてたんだけど、予想を遥かに超える日本人学生の数。

もちろん日に日に顔見知りも増えてくる。友達も増えてくる。休日に遊びの誘いも増えてくる。もちろんいいことなんだけれども、せっかくセブにいるのに少しもったいないなぁ。なんて思っていたり。
このまま流されて生活するとちょっと英語と離れちゃうかもな。

というわけで...

環境は選べないかもしれない。
でも行動は自分で決めれる。

こう割り切って、フィリピンの人たちと休日は遊んでました。笑

f:id:kenibou:20170313205151j:plain

f:id:kenibou:20170313205204j:plain


フィリピンで最近ホットな 1000 roses Boss cafe なんてところに女の子に連れられて行ってみたり。
セブで知り合った女の子の友達のお子さんの1歳のバースデーパーティーに参加してみたり。

もちろん新しい友達も増えたし、こっちで働いてる日本人の方とも知り合えたり、海外で働くことの難しさ、楽しさも教えて頂いたりで、いい経験になりました!

 

【7】英語コンプレックスの破壊

f:id:kenibou:20170313220038j:plain

この1ヶ月を通して自分の英語力は確かに成長したと思う。
でも、それは実際には0が0.4になったようなそんな小さな成長だと思ってます。

ただ周りが英語だけの世界に飛び込んで自然に英語が上達するか。
実際そんな簡単に英語の上達はしないと再確認しました。

やっぱり一番大切なのはどんな意識で英語と向き合うか。
当たり前のことかもしれないけど、自分の意識と行動で上達のスピードは左右されると改めて感じました。

でもこれだけは言える。

 

英語コンプレックスは破壊できた!

 

英語の苦手意識、自分は絶対に英語は喋れないという思い込み、英語から逃げたい。
そんな英語に対するマイナスの感情は自分の中から消えてしまいました。
でもこれは本当に第一歩で、大切なのはこれを継続していくこと。

そういう意味でも海外に挑戦する第一歩としてセブ島留学を選択したことは本当によかったと胸を張って言えます。

さてさて、次はオーストラリア!
また更新します!

 

オスロブ+スミロン島 ジンベイザメと泳ぐつもりが、セブで一番綺麗な海に辿り着いた (前編)

海外旅行:フィリピン 旅ブログ 日記

Mabbut!(ようこそ!) このブログへ。

来てくれて Salamat!(ありがとう!)


気付けばもうフィリピンに来てから2週間が経過。

最近ようやく土地勘が掴めてきて、セブ市内ならなんとなく現在位置も把握できるように。

英語となぜか現地のビサヤ語も順調に上達。
耳と英語を作る英語脳は日に日に成長を感じるそんな毎日を送っております。

 

さて、今週の金曜日はフィリピンの祝日で学校もお休み。

2017年2月24日(金)セブ市創立記念日 / Cebú City Charter Day
2017年でセブ市創立80週年を迎える祝日。 


セブ市内にある自分の学校は24日がお休み。

というわけで、せっかくの休みを活かそうと旅に出てきました!



今回は 世界最大の魚類、ジンベイザメ一緒に泳ぐことができる オスロブ 』に行って来ました!

 

  • (1)オスロブ(Oslob)って何処?何があるの?
  • (2)オスロブのジンベイザメは特別!
  • (3)出発!まずはバスでオスロブまで
  • (4)大問題発生。遭遇率100%を覆す落とし穴!
  • (5)おっちゃんの提案。旅は何が起きるか分からない。 

 

続きを読む

デュッセルドルフで人気のラーメンを食べる旅

海外旅行 : ドイツ 日記 旅ブログ

DSC_0429.jpg

『ドイツでうまいラーメン食べれるらしいよ!』

...これは行くしかない!!!


そんな訳で半年ぶりのラーメンを求めて『日本人の街』として有名な Düsseldorf (デュッセルドルフ) に突然行ってきました!

今日が一ヶ月使い続けてきたDeutschland Passの最終期限日ってこともあり、最後の1日はどこかに行こうと前々から悩んでたんです。
食を求める旅っていうのもまた新鮮で良し。


とりあえずこの Deutschland Pass には本当にお世話になりました。
日本のガイドブックにも載ってないこのパスのおかげでドイツ国内いろいろな都市に行けたわけで。

7月に使ってた Germanrail Pass にも相当お世話になってたけど1ヶ月の期限内に利用限界数が無いDeutschland Passはこれでもか!ってくらい最大限活用させてもらいました。

  • Germanrail Pass → 一月の回数制限あり
  • Deutschland Pass → 一月の回数制限なし


多分この2ヶ月の移動費を単純計算すれば3000ユーロは確実にいってると思う。
日本円に換算すると40万円くらいかな。

北は Kiel
東は Berlin
西は Trier
南は Füssen

と、ほとんどドイツ一周してきましたよ!

この夏は本当に充実してたし、もし仮に9月にGermanrail Passが買えるならまだ行きたい都市もあるから続行したいんだけど。

目標の47都市まであと15都市…!

続きを読む

ドイツ最古の街トリーアでイタリアを感じた不思議体験

海外旅行 : ドイツ 旅ブログ 日記

IMGP1507_Fotor.jpg


コブレンツからモーゼル川に沿いながらICで1時間半。
ルクセンブルクとの国境沿いにあるのがドイツ最古の歴史を持つ Trier(トリーア)です!

今まではドイツを南北に縦断するようにしか旅行していなかったけど、
今回は初めてドイツの西に広がっているラインラント地方に足を運んでみました。


ラインラント地方には大聖堂で有名なKöln(ケルン)
ベートーベンが生きたBonn(ボン)
などなど有名な都市が属していて、ドイツ最古のワイン産地としても有名だそう。


そんなラインラント地方だけど、実際はフランクフルトからブレーメンに向かう時にこの地方の都市はほとんどICで通過したことがあるから初めてっていう訳ではないんだけどね。

ドイツに到着して4時間後の出来事だったし、何もかもが不安で仕方なかった頃が懐かしい。
(この話何回もしている気がするけど…笑)




そんなトリーアについて少しだけ紹介!


トリーアはドイツワインの発祥の地で、世界的ブランドとして有名なモーゼルワインの一大生産地。

ドイツと言えばビールってイメージなんだけれども、実はワインも名物の一つで、特に白ワインは世界最高級の品質を誇っているんだとか。

トリーアは紀元前16年にローマ皇帝アウグストゥスが建都した都市で、当時はローマ帝国西域の中心として”ローマ・セクンダ”(第二のローマ)と呼ばれるほど繁栄したそう。

確かにTrier(トリーア)っていう名前はどこかイタリアを連想させる響きがするんだけど、まぁ、多分"トリノ"の響きに似ているからかな?


トリーアは約2000年の歴史を持つドイツ最古の町で、ドイツにあるローマ時代の遺跡としてはとても貴重なポルタ・ニグラ(黒い門)などなど。
多くの価値のあるローマ時代の遺跡があちこちに点在している貴重な歴史がたくさん詰まった都市なのです。

続きを読む

4ヶ月の おもてなし

日記 けに坊ノート

どうも。けに坊です!
随分と久しぶりの更新になってしまいましたが...

空白のこの4ヶ月。一体どこで何をしていたのか。

今回はその経緯から4ヶ月の中身、次のアクションまでを一つの記事にしようかなと思って久しぶりにキーボードを叩いております。

 

そもそものきっかけは…

 

f:id:kenibou:20170206130814j:plain


何をするにもお金がいる!!

 


新卒で入った会社を辞めてしまった自分に残っているのはエネルギッシュな身体と 海外で働きたい という漠然とした熱い想いだけ。

でも気持ちだけじゃ何もできないのは周知の事実…。

 

というわけで!


まずはある程度、自由に動くためのお金を稼ごう!
それがスタートでした。



 

 

f:id:kenibou:20170206134134j:plain

ただそれだけじゃもったいない!!


もちろん稼げるお金の大きさも大事だけど、蓋を開けた中身の充実度も大切。

そこで辿り着いたのがやっぱり旅行業界でした。

  • 自分が好きなこと。
  • 人生をかけて携わりたいもの。
  • 今後に活かせるヒントがあるはず。

そんな思いが交錯して働くフィールド選びに着手しました。

 

 

f:id:kenibou:20170206134607j:plain

 

そしてもう一つ。

 

日本と海外の繋がりを感じることができる職場で働きたい。
英語やドイツ語を活かせる職場で働きたい。

これも就活から変わらない自分の思いで、英語に関しては次に繋げるような活きた経験をしたい。

そんな想いを抱きながら情報をかき集め、各方面にアクションを起こした結果…

いろんな縁とタイミングが重なって、とある高級ホテルで派遣社員として働くことになりました!

 

と、ここまでつらつらと書いてきましたが、これがちょうど5ヶ月前のお話。

もちろんホテルの名前は伏せるんだけど。
週末に泊まるとしたら1人1泊5万円ほど。

立地は海に面した

  • 景色◎
  • 料理◎
  • サービス◎

でもって付いている☆もたくさん。
テレビや雑誌にも取り上げられるような素敵なホテルです。

その上、近くにある観光地の影響で外国人の方もよくいらっしゃるので英語を使う機会もある。
幸いなことに、まさに自分が求めていた環境とマッチング!


そんな環境にて、4ヶ月間のおもてなしがスタートしました!

 

 

続きを読む

ドイツの思い出が戻ってきた

日記

あの夏の悲劇を忘れない...

就活も終盤に差し掛かった昨年の夏の日。 気分転換にと部屋を掃除をしていた時のこと。

カメラを買ってから撮り溜めた今までのデータ 歴代の携帯の写真データ 諸々の書類データがギッシリ詰まった

人生の中でも大切なものトップ20には入る

外付けHDDが机から落下。

案の定、見事にパソコンで読み取りができない。

復旧に尽力するも効果はなし。

修理費を調べてみると、その高額具合に数字を二度見。

何よりショックだったのが ドイツ1年間の間、32都市を旅行して撮ったデータが吹き飛んだこと(-ω-)

ちょうどその日に日記書いてました。

kenibou.hatenablog.com

なんかすごいドライで淡白な感じだけど、表に出ないくらいの悲しみを抱いてるんだよね。笑

と、そんなデータが吹き飛んだはずの外付けHDDを今日久々に押入れから引っ張り出してきて、ダメ元でパソコンに接続。

…あれ、読み込める。笑

復旧した理由は分からないけど、とにかく 切り傷みたいにハードディスクも時間の経過で直る。のかな?笑

ということで、今まではfacebookにUPしていた写真しか引っ張ってこれなかったけど、今後は元データ使って写真記事書けます(^o^)

後回し、いや、書き溜めしておいたドイツの旅レポにもようやく手が付けれる訳で…!

今公開してる トリアーとデュッセルドルフも編集加える予定。

f:id:kenibou:20160706222248j:plain

今日は復活記念に、ドイツで一番好きなローテンブルグのプレーンライン!

日本にいる頃から思い描いてた、城壁に囲まれたドイツの中世の街並みを残す素敵な街。

もうすぐ初めてここに行ってからちょうど3年になるけど、また行きたいなぁ。

岐阜のおすすめ森林浴スポット! 付知峡でイワナが食べたい!!

国内旅行 : 岐阜 旅ブログ

f:id:kenibou:20160705174609j:plain

 

けに坊です!

過去にも幾つか旅レポは書いていますが、ブログリニューアル後は初更新です!

 

都会の喧騒に疲れた!

たまには自然に囲まれたい!

初夏を涼しい所で過ごしたい!

まだ食べたことがないイワナを食べたい!

 

そんな気持ちが交錯し、早速向かいました!

記念すべき日本での最初のスポットは...

 

岐阜県の付知峡!

 

 

今回なんでこのを使っているかは↓に掲載する写真を見れば納得するはず!

 

東海の人なら付知峡を知ってる人は多いんじゃないかな!

そんな自分は名前を聞いただけではどこの県かも分からなかったし、この漢字『付知峡』を見ても(ふ..ちきょう?)と正しく読むことすらできませんでした。笑

正確にはつけちきょう。

 

場所は中央自動車中津川ICから下呂の方向へ車で30分弱。

山の方向へ進めば進むほど気温も下がって、気持ちのいいドライブも楽しめました!

 

到着早々、お腹が空いたのでランチへ。

今回向かったのは付知峡にある 岩魚の里 峡/はざま 

道にある看板を辿り、更に山の奥に向かう事、車で10分。

駐車場に到着はしたけれどお店の姿が全く見えてこない!

 

車から降りてまたまた看板に従い、今度は山を降りていくと...

 

 

f:id:kenibou:20160705234613j:plain

ここにあったんだ!

と驚いたのと同時に吊り橋に少し恐怖しました。笑

これを渡らないとお店に辿り着けない使命感。

普段味わう事のできない非日常感と冒険感。

 

それにプラス、吊り橋の下方にはこんな綺麗なオリンピアグリーンの滝壺が広がっています。綺麗だった。

 

 f:id:kenibou:20160705234611j:plain

 

吊り橋という非日常感と見た事のない綺麗な緑色の滝壺。

 空腹感が一瞬だけどこかに飛んで行きました。笑

 

ちなみにお店の側にある階段から滝壺のある川の側に降りることができます。

目の前にすると一層迫力が増すので近くまで行く事をオススメします!

 

 

f:id:kenibou:20160705234610j:plain

 

さてさて 自分が注文したのは『岩魚塩焼定食』

毎年恒例のように鮎は食べていますが、岩魚は今回が初めて。味は淡白で鮎よりかは少しボリューミーに感じました。

やっぱり川魚の塩焼きは美味しい!

味ももちろんのこと、食べるのがもったいないくらいお皿の上が綺麗に盛り付けられていてびっくり!

 

 

f:id:kenibou:20160705234612j:plain

最後は吊り橋の上から見た付知峡。

滝が天然のクーラーのように涼しくて、ずっと川岸の石に座って川を眺めていました。

岐阜には他にも森林浴スポットがたくさんあるけど、色んな緑を楽しめる、ここ付知峡で是非とものんびりしてみて下さいな!

ただそのためには吊り橋を渡らないといけないけどね笑

高所恐怖症の人はご注意を!笑

 

外国の友達が来た時に連れて行ってあげたい、そんな日本の良さを感じる場所でもありました!

ではまた次回の旅レポで!

 

Tschüss!

 

けに坊の旅ノート

日記 けに坊ノート

http://cdn.mogile.archive.st-hatena.com/v1/image/kenibou/302451160555498100.jpg

 

こんにちは、けに坊です!

 

最終更新日から約1年間。

ドイツ留学時より更新が停滞していたブログも遂にここまで来てしまいました。笑

 

peps→Ameba→FC2と来て今回が3回目のブログ引越し。

気付けば、15歳から24歳に。

9年の時が流れていました。

外見は大きく変わったけど、中身はそんな変化ないんだよね。笑

 

まずはここでブログ復活宣言!!

周期は分からないけど、定期的に更新していく予定!

 

ただ意味もなく、ただ記録して更新していた今までの日記と違って、なにか生産性があるものになればいいなぁ。と思っていたり。

人との繋がりだったり、将来に結び付く何かだったり、情報の発信地だったり。

それは更新しながら見つけて行こうかな!

 

 

『人生の長さは選べないけれど、太さは自分で選ぶことができる』

これが今の自分を突き動かしてる言葉の一つ。

20代のうちに色々なことに挑戦して、自分の可能性を広げたい。

 今は本当に何もない0からのスタートということで、ブログの再スタートにもちょうどいいんだよね!

 

ここからどんな人生を描くか。

そんな自分の人生をここに綴っていきます!

 

始まりは2007年当時15歳、そして現在旅行に携わる会社に就職した齢23の新入社員が、アジアで英語をマスターした後、世界一周に飛び出し、日本で旅カフェをオープンするまでを描く旅ノート!

 

一区切り

日記

毎日更新、なかなか続かないな…笑

中学、高校の頃の自分を改めて尊敬しますm(_ _)m笑



さてさて、今日の更新は就職活動について!

山あり谷あり、就職活動解禁日より活動を続けて来ましたが、今日9月2日を一つの区切りにしたいと思います。

というのも自分の心の底から納得のいく形で、結果として内定を頂くことができたからです(^o^)


まさか、就職活動を一番最初に始めた企業っていう。笑
3月の説明会に始まり、8月下旬までの半年に渡るとっても長い選考でした(-ω-)


半年間、長いようで短かったけど、今の時期でしか考えないような自分の生き方を確認できた貴重な半年間だったようにも感じます。
人生の方向性と求めたいものを自分と問答しながら見つけることができたかな!

と言うわけで、明日から学校が始まる1週間弱、夏休みに入ります笑

人生最後の学生としての夏休みはこれまでで一番短い夏休みになりそうです笑


早速明日から活動していきまっす。

青空分析

日記

最近週一で刈谷ハイウェイオアシスの横綱でラーメン食べてます。

もうちょっと家の周りに一人でも気軽に立ち寄れる飲食店ができればいいんだけど、その願いは一向に叶わないです。涙


明日に向けて今日はいろんな下準備。


猫に囲まれながらの作業です。

帰着

日記

久しぶりにちーくらと会ってエンジンが再稼働した感じです。

最近はちょっと現実逃避、心ここに在らず状態だったので、やっと戻って来れた感じかな笑


反撃狼煙、軌道修正、日々前進

そして明日はまた違う種類の刺激を大阪でもらってきます。笑

スターバックス タッチ

日記

(朗報)スターバックスカード遂にiPhoneに対応。


普段はFacebookで情報発信しないんだけど、ついshareのボタンを押しておりました。笑

あんまり詳しいこと書くとアレかもしれないので…

3000本体価格+税で、いつものスターバックスカードの発行金、つまり1000円以上の入金だから、合計すると最低で4200円で購入可だそうです。


俺は未だにiPhone5かつ裸持ちが定着してるから、今の所の購入予定はないけど、カナダにいる妹から I want it.って英語が飛んで来ました。

これは留学あるある、覚えたての言葉を使いたくなるヤーツですな。



スタバ関連でも一つ。
今日はとある空港のスタバに行ってきました。

タンブラー持ってたこともあって、いつも頼む バニラパッションティー を頼んだところ、思わぬ繋がりがありましたm(__)m

アンテナの感度、踏み込む勇気、察する能力。 見習いたいですorz



スーツ暑い。

吹き飛ぶ

日記

マイナビリクナビを冒険してたらこんな時間になっておりました。(早朝5時)


そして、悲劇が。

テレビ周りの掃除をしてたら外付けHDDが机から落下、パソコンのバックアップから一眼のデータ、今までの写真データが一瞬で吹き飛びました…

自力での復旧は難しいそうなので、社会人になってお金が貯まったら業者の方に依頼をしようと思います…

切ない。涙目




庭がカラフルになってきた。

懐かしいドイツ組

日記

11212748_423524231152616_8479269210111817524_n.jpg

オランドからFacebook上でお知らせがったもんだから、なんぞ!と思ったらこの写真。

ただこの写真、ダニエル、オランドがこっちに来たばっかの頃だから7月の写真なんだよね笑

なんで今更アップロードしたんだろう。って思ったけどそんな自分もつい最近ひっそりと留学中の写真をドバッ
とアップしましたのでよかったらどうぞ。

→ 留学記録

ダニエル、オランドとは名古屋で。
ディビッドとは渋谷で。

今度はマルセルで豊橋で会うつもりでっす。
この前駅でビビとすれ違ったけどね笑

みんながブレーメンに帰る前に、愛大組+静県グループでビールでも飲みたいなーと思っていたり。
今の状況が落ち着いたら、アクションを起こしましょうかね!



おばあちゃん、今日はごちそうさまでしたorzペコリ

Happy⇔kiTEL?

日記

http://x18.peps.jp/0x0xdestiny0x0x?

このFC2ブログの前身がAmeba。

そのAmebaの前身、中2でスタートしたブログのスタート地点がこのpeps。

そのブログのリンクを載せていたのが…

依央璃、勇斗、俺、まさ、とっくん

この5人でやってたのがホームページSHINT。

そのSHINTの中にあったのが、俺ととっくんのページのこのホームページ。

ややこしいけど懐かしい…。笑




さてさて。

実はこのHappyのサイト内に俺の中学の時の約800日分、2年間の日記が眠ってるんだけど、どうもパスワードを忘れてしまったみたいで編集ページにログインができない訳です。

(ちなみに新SHINTはログインできた笑)


単にパスワードを忘れてるのか、黒い力が働いたのか…。

この記事をいつか読んだ、とっくん!
もしパスワード(確か数字だったような)覚えてたら教えて欲しい笑


ただこのサイトには大きな力(暗喩)が働いて中から書き換えられてる可能性もあるんだよね。

実の所その心当たりもある訳で…。

一応pepsの運営にも問い合わせはしてはしてるし、何も返答がないなんてことはないと思うけど笑

手がかりは俺の記憶力ととっくんの記憶力、運営の神の力と数字の組み合わせの壁、かな。笑


なんで今更こんな昔の日記を掘り起こそうとしてるのか。

それは中2から高1初期までの間にどうしても確認したいことがあるからですm(_ _)m

今と違って文字通り365日、日記は毎日更新してたから、どんな日だったのかピンポイントに分かるからね。



ではでは。